Gcolle観測所

綺麗な黒髪で…(髪コキマニア)

  • 商品番号:765775
  • 商品登録日:2020年10月14日水曜日
  • 価格:400円
  • ファイルサイズ:3.93MB
  • アップロード会員名:満タン ガチ性欲


男子だけの訓練施設で過ごしてきたから毎日男の体ばかり見てきた。
男の体で発情してしまうのではないかと思ってしまうほど、俺の性的感覚は狂っていた。
街を歩く制服姿の女の子を見ただけで痛いほど勃起してしまう事もあった。

ひさびさに実家に帰ると、父親が再婚していて新しく母親になった女性の子供も一緒に住んでいた。
連れ子というやつ、腹違いの妹になるわけだが、なんとも不思議な感覚だ。
最初はとても緊張していて話もできない妹だったが、
1ヶ月ほどしてじょじょに慣れてくると一緒にゲームなどもするようになった。
きっかけは妖怪ウォッチ。

俺は学生時代、運動も好きだったが、ゲームも好きで、自称ゲーマーだった。
DSでうまくいかないところがあると
「おにいちゃん、これやって!」
と近くに寄って俺がプレイしている画面をのぞきこんでくるまでになった。

その時は父と母がデートで夜遅くなることもあり、家には二人きりだった。
「それじゃよく見えないだろ?こっちおいで」
ゲームを一時停止して、妹をひょいと持ち上げ、
あぐらをかいている俺の足もとへ乗せる。

持ち上げた時、ビクンっと身体を震わせたが、
すぐに一時停止ボタンを解除してゲームをはじめると
食い入るようにゲーム画面を見始めて、身体の緊張はすぐになくなった。
この子にとってゲームのアイテムがとれるかが最重要なのだ。

シャンプーの匂いだけじゃない身体からすごくイイ匂いがする。
ショートヘアが揺れる度にここちいい気分になる。
それに柔らかい身体。
新体操も習っているせいもあるのか、どこまで身体が曲がるのか
試してみたくなる欲求にかられる。

この時点でギンギンに勃起していたが、あぐらをかいた足でイチモツを上に向かないように抑えていた。
ゲームをクリアした瞬間、
妹は「やったぁ!」とあぐらの中で身体を動かし、
俺が抑えていたイチモツを触るかたちになってしまった。
「…え…?…」
体臭がキツイ俺のムンムンになったボクサーパンツ
jpeg写真データ25枚
※状況によりすぐに販売終了する可能性もあります。人物は18歳以上であることを身分証にて確認しています 転載・転用・転売など著作権を侵害する行為を禁じます。