Gcolle観測所

連れ子 薄下着ごしにぺろぺろ舐めてもらう 変態フェチフェラチオ 素人

  • 商品番号:770653
  • 商品登録日:2020年11月16日月曜日
  • 価格:350円
  • ファイルサイズ:4.68MB
  • アップロード会員名:C幼mすめ


俺の嫁はバツイチで結婚する時に2歳の娘がついてきた。
血は繋がっていないが、物心つくころには本当のパパだと思ってくれていたし、俺も本当の娘として育てていった。

娘の成長は早い。
親にとってはいつまでも入学した時に印象が強いが、学年があがっていくうちに、子供は勝手に成長をしていく。
そのスピードについていけないのは、親の方でいつまでもインパクトのある思い出の中で過ごしていることが多い。
 娘と風呂に入らなくなるのは、生理が始まった頃からが多い。これを期に娘から女へと変わっていくもので、一度お風呂に一緒に入るのを拒まれた瞬間から、 もう一生一緒にお風呂に入ることはなくなる。
今後一緒に入るチャンスが来るとしたら、親である自分が一人で風呂に入れなくなった時である。
 うちにもついにその瞬間がやってきて、母親から生理が始まったことを告げられた。お赤飯でお祝いをすることはなかったけれど、家族みんなで外食を楽しんだ。今までは自分の好きな服、楽な服が中心の服装だったけれど、最近はどのように見られるのかを気にしながら服を選ぶようになっていた。

俺にとっては いつまでも娘でしかないが、娘は確実に女性へとステップアップをしている。分かっていることだけれども、受け入れるまでにまだ時間がかかりそうだ。
 休日の日も家にいることが少なくなり、おしゃれをして出かける準備をしていた。娘は足が長い。腰の位置が同じ体型の子と比べてもこぶし一つ上にある。ミニスカートとニーハイで足の長さを強調する。
ニーハイとスカー トの間に覗く太ももを「絶対領域」とも呼ぶらしいが、この絶対領域が白く際立って見えていた。俺は、彼女の部屋に近づき、外出前の支度を眺めていた。お小遣いでもくれると思ったのか?妙に甘えてくるが、決して悪い気はしなかった。
 スカートを指差し、パンツが見えないのか?足を出して寒くないのか?などわざとらしい親子の会話をしつつ、俺はその絶対領域に触れていた。一瞬身を引く緊張感が走ったが、お小遣いの可能性があるうちは、彼女も我慢しているのだろう。
俺は隣に座っている娘の白く眩しい絶対領域から、ニーハイの中に指を潜り込ませて白く透き通った太ももの感触を楽しんでいた。
さすがにここまでやったら抵抗すると思っていたので意外だった。
軽く震えてはいたが、ものすごく嫌がるそぶりも見せない。
ーーーーー あらすじ ↑
モザイク修正などはありません
薄手のトランクスの上から唇で…
写真データ 30

(モデル18歳以上身分証確認、2次使用禁ず。)