Gcolle観測所

【民泊いたずら】東海地方の保育園で働く敏感体質な21歳の女の子が寝たのでに痴漢して電マ当てたらイっちゃったのでまんこに精子ぶっか

  • 商品番号:771363
  • 商品登録日:2020年11月21日土曜日
  • 価格:980円
  • ファイルサイズ:1.13GB
  • アップロード会員名:tkks


都内で民泊を営んでおります。

都心から徒歩圏内の部屋を、女性限定で1泊700円で貸しております。

ネットカフェよりも安く、ちゃんとした部屋に宿泊できるということで、意外なことにも若い女性が一人旅でよく利用してくれます。

理由は様々ですが、芸能人のライブがあるのでというのが一番多いですね。

たまに普通に観光の方もいらっしゃいます。

この子は東海地方の保育園で保母さんとして働く21歳の女の子です。
あどけなくてかわいらしい顔立ちをしており優しい雰囲気が滲み出ております。
愛嬌もあって子供だけでなく父兄さんからも慕われているのではないでしょうか。

彼女は地元の短大を卒業後、今の保育園に就職して保母さんとして働いているようでした。
「仕事は大変だけど子供がかわいいから辛くはないですよw」と笑顔で教えてくれました。
職場の先輩や園長先生なんかも良い人ばかりだそうで人間関係も良好だそうです。
きっと彼女の人柄の良さが周囲の環境にも影響を与えているのでしょう。

そして彼女には長い期間付き合っている大学生の彼氏がいるみたいでした。
Kの時の同級生で遠距離恋愛を乗り越えて愛を育んでいるようです。
とても献身的で一途な女の子は汚したくなっちゃいますね。

身体中に私の痕跡を残すために夕食にラリホーを仕込んであげます。

折を見てそっと部屋に入っていくとちゃんと布団に入ってぐっすりと寝ています。
赤ちゃんのようなあどけない寝顔だけでもドキドキしてしまいます。
少し様子を見ながらそっと布団を捲り上げてみると、白いキャミソールを着ているようです。
自分の腕でギュっと押しつぶされた真っ白な乳房に指先を這わせていきます。
なかなかのボリューム感でぷにぷにとした感触が最高です。

キャミソールの肩紐をズラして胸元を引っ張ってみると色素の薄めなピンク色のキレイな乳首ちゃんが丸見えになってしまいました。
まるで子供のような愛らしいおっぱいですね。
布団を下まで捲ってみるとかわいらしいキャラ物のパンティを履いておりました。
ぷりんぷりんで真っ白な太ももとお尻がを撫でまわして感触を楽しみます。
たまらず味見をしてみたくなり、太ももからお尻にかけておじさんの舌をベろりとなぞらせます。
見た目通りのとても素晴らしい舌触りです。
キレイなお尻がおじさんの唾液で怪しく光っています。

キャミソールの肩紐をズラしていくとキレイなおっぱいがプルンと零れ落ちます。
たまらず手の平で優しく乳房を包み込みます。
こちらも当然たっぷりと唾液を染み込ませたおじさんの舌でねっとりと舐め上げます。
ゆっくりと触感を楽しむように舐っていると、「んっ…ぁっ…」と微かに喘ぎ声が漏れ聞こえてきてしまいます。
興奮してしまい両方の乳首を露出させ、彼女に馬乗りになって好き放題にしゃぶり尽くします。
気持ち良さそうな喘ぎ声がだんだんと激しくなり、乳首がコリコリに硬くなってくるのが分かります。

たっぷりと乳首にむしゃぶりついてから彼女の唇にもむしゃぶりつきます。
寝ていることなどお構いなしに彼女の唇におじさんの唇を押し付けます。
かわいいお顔に汚い舌を這わせて、唇の間から強引に舌をねじ込みます。
何も気づかず天使のような寝顔の女の子の口内に、無理矢理おじさんの唾液を流し込みます。
かわいい唇がベロベロと舐めまわされてベトベトになってしまいました。

さらに下半身のほうに移動して太ももの柔らかくもハリのある感触を楽しみつつ、ぷっくりとした股間のあたりにも指を這わせてみます。
ゆっくりと指を押し込んでみると腰をくねらせながら呼吸を荒くしていくのが分かります。
もしかしたらだいぶ欲求が溜まっているのかもしれません。
パンティの脇から捲り上げて生まんを拝見させてもらいます。
つるつるに処理されたパイパンおまんこちゃんで大興奮です。

愛おしくなってしまったのでクリトリスにもむしゃぶりついてしまいました。
舌先でクリを舐め上げると、身体をよじらせながら感じまくっているではありませんか!
起きてしまったかと心配する程の喘ぎ声を出し、身体を震わせて私の舌使いを楽しんでいるようです。
寝ているにも関わらず、私のようなおじさんいおまんこを舐められて愛液を滴らせてしまう美少女が最高に興奮します。
時折快楽に顔を歪めて私の舌使いをじっくり楽しんでいるように感じます。
もしかして彼氏がクンニしてくれないのでしょうか。

さらに電マを取り出して彼女のクリトリスに押し当てます。
スイッチを入れると卑猥に腰を動かしながらさらに激しく喘ぎだしてしまいました。
やはり欲求不満だったみたいですね。
しばらく電マを擦り続けていると、大きく喘ぎながら身体を激しく痙攣させておりました。
おそらくイってしまったのでしょう。
なんともいやらしい娘さんですね。

ギンギンに勃起した肉棒を取り出し、彼女に優しく握らせます。
熱く脈打つ肉棒を無理矢理シゴかせているとどんどん我慢汁が溢れてきてしまいます。
柔らかい子供のような手の平で私のちんぽを優しく握ってくれています。
さらに我慢汁がたっぷりと溢れている亀頭を彼女の唇に押し付けます。
上下左右にたっぷりと我慢汁を擦り付けて彼女の唇をたっぷりと汚してあげます。
角度を調整しながら強引に彼女の唇を開き、ギンギンの肉棒を口内に押し込んでいきます。
みるみる口が開いていき、こんなにかわいい子が知らないおじさんの汚い肉棒を咥え込んでくれました。
温かくねっとりした口内の感触が最高に気持ち良いです。
そのまま腰を動かして喉の奥まで犯しながら我慢汁をたくさん飲ませてあげます。

彼女の後ろの添寝し、真っ白なお尻にも存分に擦り付けます。
そのまままるでセックスしているかのように腰を動かしながら、彼女のおっぱいにむしゃぶりつきます。
胸を揉みしだきながら強引に彼女のかわいいお顔をこちらに向かせ、情熱的なキッスをしてあげます。
熱いチンポで刺激されながらおじさんの舌を美味しそうに味わっている彼女が愛おしいです。

今度は上を向かせて脚を開かせ、股間にも肉棒を押し付けて擦り付けます。
両足を抱えて柔らかい太ももと股間でパンパンに膨らんだ肉棒を挟み込み激しく腰を動かします。
絶頂に達してしまった私は彼女のおまんこめがけて思い切り大量のザーメンをぶちまけてしまいました。
濃厚でドロドロの精子が彼女のパイパンまんこをゆっくりと流れて膣内に入っていきます。
べっとりと染み付いてしまった精子をティッシュで丁寧にぬぐい取り、彼女のキャミを戻して布団をかけて何事もなかったかのように撤収しました。


寝ています。
起きないような食事の配合をしてしまいましたので熟スイしているのでしょう。
ギリギリで生きている感じがします。

きっともう取返しはつかないと思います。
この趣味(と言っていいものか)にすっかりハマってしまいました。



フォーマット:MP4
時間:27分06秒


■作品に登場する人物は18歳以上のモデルであり契約の上で撮影しております。
■サイトの規約に違反するものではありません。
■オリジナル商品の為、第三者への送信・転載・転売・二次使用等厳禁です。