Gcolle観測所

セクハラボディトリートメント #59



数年前からボディトリートメント・マッサージを開業している者です。

2年ほど都内のマッサージ店で働き、リンパリファインセラピスト・アロマテラピー検定1級等の資格を取得して都内近郊にて個人でボディトリートメントの店をオープンしました。

お恥ずかしいのですが私自身がかなりの女好きということもあり、女性向けに特化したお店つくりや格安のレディースデイを設けて女性のお客様の獲得に注力してきました。

お陰様で学生の若い方からビジネスウーマン、キレイな主婦の方など幅広くの客層を開拓することができました。

最初は男のマッサージ師ということに警戒感もあるようでしたが、施術していくうちに徐々に性的快感を感じられるお客様が非常に多い事に気が付きました。

戸惑いながらも施術の一環として受け入れ、身体を任せていくうちに段々と快楽に溺れてアソコをぐっちょりと濡らしてしまう様子がたまりません。

いけないこととは思いつつも小型のビデオカメラを設置し、施術しているところを撮影するに至ってしまいました。

この子はおそらく20歳前後の大学生くらいの女性でしょうか。

かわいらしい顔立ちに引き締まったスタイルでお胸も大きい方でした。

とても恥ずかしがり屋のようで、ズレた紙パンツをしきりに気にする様子がかわいらしかったです。

まずはいつも通り背面をオイルたっぷりでマッサージしてあげます。

座らせて後ろから入念にお胸のマッサージ。

恥ずかしそうに手で胸を隠しており、マッサージしようとすると抵抗されてしまいました。

しかし当店の基本コースに含まれており、ボディトリートメントにおいても重要な箇所ですのでなんとか説得してマッサージさせていただきました。

形の良いお胸の乳腺に沿って揉み上げるようにゆっくりと流します。

しきりに顔をしかめながら訝し気な表情をしておりましたが、指先が少し乳首に触れると身体をビクッと反応させてしまいました。

困ったような様子でしたが少しずつ乳首は硬く勃起していき、身体をくねらせて感じてしまうのを我慢しようとしているようです。

彼氏さんがいらっしゃるとのことでしたので、もしかしたら罪悪感などを感じているのかもしれませんね。

鼠径部の際どい部分に指を這わせてマッサージしてあげながら少しずつ指をアソコに近づけていきます。

目をギュっと瞑りながら気持ち良くなってしまうことに抵抗を感じているのかもしれません。

紙パンツの中に手を突っ込むと「え?あ…!そんなところもするんですか?」と激しく動揺されておりましたが、両側の鼠径部の仕上げのためにやっているということを説明しマッサージを続けさせていただきます。

股間の中心部に指を這わせると「ちょっと待ってください!そこは…ちょっと!」と非常に焦っておりましたが、既に股間は愛液が溢れんばかりに濡れそぼっておりました。

口では必死に抵抗しておりましたが、身体は私を求めているようでクリトリスを擦ってあげるとさらに多くの愛液が染みだしてきてしまいます。

膣内を指で刺激しながら同時にクリトリスを擦っていると、我慢できなくなってしまったようで激しく喘ぎながら身体を大きく痙攣させながら絶頂に至ってしまったようでした。

身体をピクピクさせながら快楽の余韻に浸っている彼女の口元に、私の硬くなったムスコを近づけます。

「いや…ダメですよ…ホントに…」と抵抗する彼女を抱き寄せ、少し強引に彼女の口内に差し込んであげました。

彼女の股間もヌルヌルでしたので挿入してあげようとすると動揺しながら逃げようとしておりましたが、両足を掴んで素早く奥まで突っ込んであげました。

戸惑いを見せていた彼女も膣奥をグリグリと突くようにピストンしてあげると身体を激しく痙攣させながら中でも絶頂してしまっておりました。

彼氏がいるにも関わらず、正常位でもバックでも私のちんぽで何度も激しく絶頂してしまう彼女が愛らしいです。

騎乗位になると自ら腰を動かして膣奥に擦り付け「きもちいい…だめ…イクっ!」とビクビク絶頂した後に私に抱き着いてきてしまう淫らの姿がたまりません。

私も興奮してしまい、お恥ずかしながらそのまま大量の精液を発射してしまいました。



動画時間:47分15秒
フレーム:1920×1080
ファイル形式:MP4

※本作品はシチュエーション動画です。
※規約に違反する作品は販売しておりません。
※本作品に登場する人物は18歳以上である事を確認しております。
※転載、転売、二次利用、公開を固く禁じます。